紫色な時間ときドル終了って聞いたPくんとしての感想、ときドルの良し悪しを書き殴る記事

12月≪ 2019年01月 ≫02月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2018.11/16(Fri)

ときドル終了って聞いたPくんとしての感想、ときドルの良し悪しを書き殴る記事 

目次。

悪し
良し
総点

思ったより長く書いちゃったので何がダメだったのか的なもの書いた部分まで流せます。





引用:お知らせ
引用:オフライン概要

201811161659497c7.jpeg
201811161659509a4.jpeg
201811161659527d9.jpeg

一連の書き殴りはした。
毎日欠かさずプレイしていたゲームの中からサービス終了告知受けるのは驚きを隠せなかった。

だから正直言って死ぬほど辛い。
胸にとかじゃなくて胃に穴が空いて呆然としてる。

※追記
記事更新時点で1日経ってるけど、
未だに「アァ・・オワッタ・・!」って3時間に1回くらい思い出して悲しい顔してる。

ガッツリプレイしてたゲームだとロード・トゥ・ドラゴン以来の終了知らせかなぁ。
あぁ、ワンダーフリックもあるかな・・。



201811162037317ac.jpeg

引用:TwinMemoriesを聴きたくて、ツインビーが懐かしくて、ときめきアイドルやりました感想記事
引用:初めてのVR機能にただ悶えるだけ

プレイし始めた頃の記事を改めて。
未だにTwinMemoriesへの思いは強いですよ。
なんなら前日にマリ姉のツインビーパラダイス復活と聞いて舞い踊ってたくらいです。
聴いた経験は無いので初視聴楽しみだったよ。

上の記事以降もガッツリプレイしています。
ブログとして語ることは減ってしまったが、
新しめのアプリで断トツで継続していたよ。


20181116165953143.jpeg

記事として語ろうとしてるのがこんなにある。
この際だから終了まで記事に全部するか!俺!

いや、思い出しながら書くだけになるから・・。
スクショの内約は殆どイベントお疲れさまーとかフルコンやったぜの記録だったよ。
でもある程度記事にはしようとは思います。



終了したって事を聞いた時に書き殴った以外に思ったこと、落ち着いて思ったことは、
やっぱり一番は宣伝不足だったことだと思う。
主観でしかないけどさ。

サービス開始時に大分遅れてからちょいちょいっと広告バナー自体は拝めたけども、
スタートダッシュの大事さもあろうさ。


仮に宣伝をしたとしてもターゲットが不明よね。
ときメモ系譜でおじさんが視野なのであれば、上の層の媒体、雑誌で展開しなければ成らない。

だけども如何にも世代が居なさそうなコンプやスルーが基本な広告バナー主体なのは、
世代が入れ替わって比較的に若いであろう土地での宣伝、偏るTGSでの配布で済ますのは、
少し知名度とブランド力で過信し過ぎたのでは・・なんて思わないこともなかったり。

挙げた以外にも宣伝してるとは思うけど、
『ときめきメモリアルを知っていた』世代に如何に届いてるか、知り渡ったか、それすらも厳しい。



バナーまとめ簡易。


201811161702072e3.jpeg 20181116170156957.png

20181116170154fca.png 20181116170154c1a.png

20181116170158077.jpeg 2018111617015900b.jpeg

20181116170200e1c.jpeg 20181116170153e8d.gif

20181116170151dde.jpeg 201811161702028ee.jpeg

20181116170203fa3.jpeg 20181116170205336.jpeg

コレだけ個人的には拾えてたよ。
ときメモバナーは最高だったと思う。
広告バナー以外でもっとしてたら良かったが。


えーっと、して“ときメモ世代”に届いても、
あるのはときめきシリーズの交流をソシャゲ特有の短いコミュニケーションとして繰り広げられる薄いシナリオ量と、細かい描写は「・・・」で片付けられるソレを、
サービス当時は3回ほど音ゲーしないとコミュ見れないっていう手の伸ばしにくさと来た。

ときメモBGM楽曲も来ない、開始から数日して漸くのときメモ制服配布は遅さ、
香る程度のときめき要素は、世代でも厳しかろう。

ボンバーマンにゲスト参戦可能だった藤崎詩織でも来れば良かったのになと幾度に考える。
パラレル、ifであれば当時のファンの偶像、イメージも壊さないで済むだろう。
それだけでかなりの重要が高まったと思う。
したら鏡魅羅とかも来て欲しかったわほー。


仮に若い層にターゲットをしたら、
アイドルコンテンツ自体はそちらの力が強いので良しとして、細かなネタや楽曲はどうさね。
おじさん達にしか解らないネタの応酬は会話ログとかで注釈あったら良かったんじゃ・・。
若い子根付いたならグラディウス曲とかツインビー曲とか解らないんじゃ・・?って差がまた。


20181116173142140.png
201811161731429d0.jpeg

藤崎詩織が来るなら今度はQMAからアロエ!ラブプラスから寧々さん!なんてしたらさ、
かなり重要あったと思うんですよ・・。

ときめきキャラに頼らない新規IPのつもりでいくパターンは初代以降の衰退で察したい。
客寄せの為の、知名度の為の、とりあえずでも媚びと視野を広げるには良いと思うのにな。
知ってるキャラクターが居たら入りやすいしね。



あれだ、色んなユーザーを取り込もうとしてどっちつかずで中途半端なんだ・・。
そしてその戦略、趣向で行くつもりだったら、他ジャンルで行くなら初めからすべきだった。


サービス開始時のコンテンツの少なさは仕方なかったけど、半年経った辺りのコンテンツなら、
サービス開始してホントに行けてたと思う・・?


20181116173758c51.jpeg

自分は運良く好きな楽曲のカバーがあったからこそ、サービス開始少しした辺りで始めたが、
それが無かったらプレイしてなかったと断言する。

そして数ヶ月前辺りのアップデート状態で宣伝されていたら、そこでプレイはしていた。
主に「え!?グラディウスとかツインビーとかドラキュラのBGMで音ゲー出来るの!?」って理由からゲームミュージック好きとしたら飛びつける。
水着の配布、私服実装、この辺りの要素はバナーでチラ見したらちょっとそそりはします。


201811161735197c2.jpeg

あ、スク水はニッチなので違うと思う♡
おじさんでもちょっと飛び付きにくいよー!



・・まぁ、でも、


20181116174212531.jpeg 201811161742111b6.jpeg

開始から試練が待ってるんだけどね・・。

申し訳ないし失礼しちゃうが、DREAMING-INGの振り付けがときドル1位ダサいと思う。
その唯一さでプレイ開始畳み掛けるのは良くない。
あ、あくまで個人的な!

そして初回から洗礼されるこのメロディアスライブシステムが一番のよく解らない!
何故ならメロディアスライブしたあとの変化や経過が微塵も語られないで終わるからだ!
ファン数増える!階級の解放!で!なんだ・・。

ウィークリーミッションで1週間に3回見ることにはなっても、結局飛ばすに限る訳で、
初回のチュートリアルで見られるからなんなら本プレイで1度も見ないユーザーが大半まである。
センターにした回数で衣装貰えるとかコミュの種類増えるとかストーリー追加とかもない。
スキル効果が美味しいという要素はあるが、
音ゲーをスコア気にしてプレイングするユーザーが大半を占める訳では無い、少数だな。

個人的にはDREAMING-INGの高難易度バージョンプレイ出来るとか、8譜面くらいで叩けるとか、
流せる曲の種類が増える・・とかあれば?
FULLバージョン流れるとかなら喜んで発生するよ!
その上でTwinMemoriesが各ソロ別で聴けたら物凄く堪らないんだけどなぁ!!

中々発動出来ないスペシャルなステージ、ライブな割りには・・ユーザーの捉え方、見せ方、使い方諸々におざなりになっちゃってるのは勿体無かったと思う。


20181116174515966.jpeg

スコア勢としても思った以上に渋いガチャからサブ含めたSSR総数集めるのが最適案だし、
埋まるまでを集めても今度はcharm、appeal、voltageの偏りで苦難が続くし、
限凸システムのマルチアップを非現実的な課金力の勝負で挑めば誰でも1位になれるが、
揃えても貰えるものに特別な優位はない。

うーむ。


・・・・個人的意見だとしても結構浮かぶな?



20181116165949286.jpeg

じゃあ何か挙げよう・・。
ときドルの良いところの回です。


20181116165956dc4.jpeg 201811161659597fc.jpeg

20181116170013823.jpeg 2018111617000782e.jpeg

20181116170012825.jpeg 201811161700077d0.jpeg

20181116170011aff.jpeg 20181116170013cfc.jpeg

個人的に重きを感じてる一番はコナミゲームミュージックで音ゲーが出来ること。
ドラキュラ曲実装からめっちゃ吃驚したが、
この路線行けるなら早く来て欲しかったもんだ。
したら曲数の少なさは緩和出来たと思う。

そこからグラディウス、ツインビー、更にはゲームミュージックとして強いゴエモン!
そしてそして実はBGM需要は非常に高いQMAから選出された時は感動したもんだよ!
動画投稿したのもコレが最初スね。

「次は何のBGMが来るかな!」とワクワクした。
そういう客層だったのが自分でした。
RAKUGAKIDSのBGMは良いぞ・・ハドソンだけどボンバーマンのBGMもかなり良いぞ・・。
QMAの各先生の個別BGMなんか特に良いぞ!
幅広かった!筈なんすよぉ・・!!




“https://youtu.be/sRWT9mailuQ”
“https://youtu.be/EeAxHeq37bc”

QMAだと現行のトーキョー、予習のBGMはとても心地良い音色でずっと聴ける♪~(´ε` )
他はマロン先生のBGM辺りは好きだな。




“https://youtu.be/Bv6DytAAqm8”
“https://youtu.be/jf5hTrNpFso”

ボンバーマンは個人的にこの辺。
スパボン4の曲は過去作のアレンジVer.ですな。

ツインビーは言わずもがなこの曲を待ってた。
FC行けるならこっちも実装して欲しかったなぁ。
歌詞付きで聴けた手前被ってしまうだろうけど、
それでも楽しめると思うんだが・・。

こんな要望、妄想を高められるほどに期待出来ていたゲームミュージックコンテンツでしたのよ。
サービス開始からインスト曲試行できてたら曲数も増えて弐寺、ポップンも行けたよなぁ・・。



あぁ・・良い点ね・・話が反れたな。


20181116175339ccb.jpeg

・おまかせライブの唯一性

ソーシャル音ゲーの中じゃ画期的過ぎる。
スマホゲー特有のイベント、周回による集客、ユーザー接続は音ゲーだと難しいモノがある。
何処でもプレイ出来ない、音を出せるところでの制限、激しい指の操作、横持ちしてしまう等々、
音ゲー開拓はバランス崩壊もなく穏便で静かで1度波に乗れば継続しやすいとはいえ難しいところ。
それを少しでも緩和したおまかせ機能。

これの!これの何がイイってさ!
プレイしたスコア、テクニック、精密度を判定して、それに応じたオート操作になるって事だよ!!
オートにしたらフルコンになる?とかではないの。
簡単に言えばオートでフルコンさせるにはマニュアルでフルコンさせないと出来ないの。
オールパーフェクトにしないとダメなんだぜ?
+αでスコアや経験値、コミュゲージ等々はおまかせだと少し劣る辺りもマニュアル勢に嬉しい。

オマケにプレイした1週間の間だけしかオート、おまかせライブは設定出来ないんだ。
イベントの度、初日に1度プレイしておけば最終日まで保てる、次のイベントではまたプレイする、
全くプレイすることが無くなるわけではない、でも周回やイベントはしやすい。
この兼ねない、バランスが何よりも最高だった。

その上でイベントにはポイントがアップする時間や、スタミナ3倍消費もある訳で、
音楽ソーシャルゲームアプリ1イベントや周回プレイがしやすい作品だと思ってます。
マジで斬新。

んぇ?デレの放置編成?知らん!
あれはシステムの穴を付いた何かというか。
公式利用出来る範疇で噛み合ったスキル構成から生まれたプレイングのひとつだし良いとは思う。
PRO勢、MAS勢、MAS+勢、ゴリラ、放置勢みたいな別の一角って気はしちゃうけど。


201804151113454cc.jpeg

・VRで身近に感じる距離で拝められる

VRライブ機能もあるので実際に目の前で踊ってくれるのはスマホ端末的には革新。


201811161712469f8.jpeg20181116171256e9e.jpeg

20181116171257432.jpeg 2018111617125761f.jpeg

・イベント配布衣装が豊富

個人的にハロウィンや水着は「配っていいのか!」と思うしかなかった大盤振る舞いだった。
何処も運営はガチャでシーズン限定商法だ。
逆にそういうところで配布されてるからこそお金落とすところが無いって言われてるのだけど。




“https://youtu.be/Qe5fB4HK-sE”

・楽曲センス

TwinMemoriesとBGMで腰を上げて疾走した盲目な自分ですら、好ましい曲は多かった。
振り付けは難と言ったが歌詞やリズムはどっちかと言えばスルメだと思うDREAMING、
可愛らしさ全開のポップな曲strawberry、
‍\\\\ꐕ ꐕ ꐕ////ワッチョイ!の賑やかさも癖になる。
後者2つは特にお気に入り、よくプレイした。



201811161712571b4.jpeg 20181116171257e11.jpeg

20181116171248e4f.jpeg 201811161712464c3.jpeg

・SSR衣装のセンス

他所から見ると、カード柄の3D基準に首傾げがちではあるんだが3Dの凝り様は見て欲しいよね。
細かい装飾からコンセプトも感じ取られる。
衣装によっては名称がKONAMIコンテンツから取ってきてるクドくない要素も好ましいわね。



20181116170619cee.jpeg

201811161706175e5.jpeg

あとはちゃんとときめき要素もあったよって事は、
軽くでもイイから伝えたい・・。


20181116170614287.jpeg

20181116170616ac0.jpeg

問答。


201811161706150c4.jpeg

噂されたら恥ずかしいし・・(幻聴)


20181116170611650.jpeg

恥ずかしくないし・・(幻聴)


20181116170612394.jpeg

ゆるふわくっきー。


20181116170613c33.jpeg

急なクイズ。


201811161706356e3.jpeg

イカがわしい台詞。


201811161706310f0.jpeg

贈り物の対応の細さ。


20181116170634ac2.jpeg

いきなり着替えるナビゲーター。



20181116170622540.jpeg

20181116170625ec5.jpeg

ビッグバイパー!



腐ってもときメモ系譜、新規で挑んでもときメモ系譜、交流への拘りは段違いだと思う。
ただ、ときメモとは違い同じ学園内の生徒から同じ学園内の先生と生徒的なポジションな事や、
アイドルとプロデューサーという観点にしか生まれなかったのは、また枷だとは思っちゃうな。
おじさんターゲットならそれで良かったのだろう。

あ、この辺はプレイヤーの呼び名を変えられるのでお兄ちゃん呼びでもお好きにどうぞだった。



■総合簡易

※少々辛辣ですが、作品は大好きです。
※何がダメだったかを書き示されてる記事は少ない事が多い為、熱がある内に書いています。
※言うまでもないが個人の感想です。


・あらゆるメディアで宣伝不足
・ラジオ媒体や生放送が無さすぎる
・楽曲を広められる場がない
・タイトル
・ときメモ新作の割りにシリーズ感が少ない
・ときメモキャラクターが居ない(個々に寄る)
・キャラクターのクセが凄い
・キャラクターに度々ボイスがない
・ターゲットの年齢層が不明
・おじさんはスマホゲーに辿り着きにくい
・おじさんは新作が配信されてると気付かない
・でもおじさんにしか解らないネタが多い
・でもおじさんが好みそうな衣装が多い
・ユーザーの交流が出来ない(個々に寄る)
・明らかに女性受けが悪い
・VRが空気
・初期のダンスがダサ…微妙
・曲が少ない
・インスト曲の意向が遅い
・インスト曲の宣伝がない
・高難易度曲がない
・話の肝であるメロディアスライブが空気
・理事長が煩い
・着回しできないのに排出が渋い
・課金をする箇所がない
・課金者の優遇がない
・天井もない
・セレクトガチャの舵を着るのが遅い
・育成ポイントが渋い
・SR以下のレアリティを育てる意味がない
・限凸用アイテムの価値が低い
協力フェス ※


・ロード画面のBGMが懐かしい
・ロード画面の掛け合いがシーズン毎に変わる
・ダウンロード中にお知らせ表示(割りと重要)
・ホーム画面が多彩、挨拶が心地良い
・UIが解りやすい、選曲しやすい
・デイリーミッションに交流があるためキャラクターに愛着が湧く配慮
・音ゲーにあるまじきオートプレイの搭載発想
・オートのバランスが良い
・スコア、テクニックが事細かく詳細に出せる
・プレイシートが楽曲固有なので低難易度でも高難易度でもプレイ回数やコンボ達成が出来る
・譜面が画面真ん中に寄っている為に処理しやすい、操作しやすいと音ゲー難易度が低い
・楽曲のセンスが良い
・大手音ゲーに珍しいインスト曲譜面がある
・BGMと歌詞含む両用可能なキャラ音ゲー
・メロディアスライブでソロVer.が聴ける
・イベントが走りやすい
・配布衣装の入手がしやすい
・衣装の拘り、凝り方が他ジャンルと張り合えたデザインとコンセプト、小ネタの数がある
・衣装に応じたコメントが可愛い
・アクセサリーの自由度、衣装の組み合わせが多彩
・アクセサリー、衣装を変えてライブが出来る
・VRモードでの“ネクタイを締める”、“顔色を伺う”をアイドルゲームで出来る発想力
・ルンバ、ネコ、ドローンに憑依という発想
・至近距離でアイドルを拝める
・交流、コミュニケーションが豊富
・アイドルの呼び名が変えられる
・ユーザーの呼んでもらう呼称が変えられる
・ユーザーコメントの入力幅が広い

・アイドルが可愛い


※協力フェスって?


201811161700094eb.jpeg

引用:ATM様

カードしゅいーん!
キラキラー!
数字ズラー!
べシーン!べシーン!

フィニッシュ!!

一世代前のブラウザゲームかよ!!

って云うときドルの中で最高なユーザー離れを見せつけ、黒歴史となったイベントがありました。
ここで大量に引退したのは見てても思った。

ぶっちゃけてしまえば初めからこういう遊び方もあるよー?って措置、仕様なら構わなかった。
おじさん達は音ゲー難しいからね。
数字べシーン!だけどスタミナめっちゃ喰らう!でも音ゲーやらなくて済む!とかなら、
また別の遊び方として提供出来てたかも知れない。

でも違った、イベントとして持ってきた。
しかも協力と付けてこれを持ってきた。

ブラウザゲームのレイドイベントってこんな感じだよねーわかるわかる、わかるよ。
でもそれは初めからそういう遊び方だったら、だ。
音楽ゲームでアイドルゲームで楽曲が大事なゲームで、3Dがグラフィックが綺麗に踊ることが出来るゲームで何故、何故に、短冊状のカート絵柄を眺めて数字バトルせないけないんだか。

手元に画像が無かったのでお借りしました。
唖然とし過ぎて撮ることも無かったらしい。
失礼しました、助かります。

まぁスクショしたら後悔しそうだしね・・。
それじゃなくてもレアリティ衣装のカード絵柄は予算削減した3Dの場面で悲しいですし。



自分は“ときめきメモリアル”をプレイした事は無い。
コミュニケーションで進むゲーム自体興味なく、
ラブプラスやアマガミも特に意欲は無かった層だ。
だからエロゲーはコミカライズで楽しんでる。

だからこその、音ゲーついでに交流出来るときドルは、自分みたいな層には大変新鮮だった。
こういうゲームもあるのかって開けたもんさ。
また別の新規開拓をされた身だと思ってる。

今思ってもハマったのが信じられないもん。
ときめきシリーズに熱を持ってた人生が来るなんて思って無かった良き経験をした気分だ。
アイドルコンテンツ自体に目を向けてる訳じゃないからまたちょっと違うんだろうけど・・。

ゲームとしても面白かった。
アイドルとかときメモシリーズとか音ゲーとか、個々に抜いて考えても普通に面白かったんだな。
とても大事だよ。


めっちゃくちゃ楽しませて貰いました。
今年に関してはやたら音ゲーしたくてArcaeaやバンドリもプレイしていた迄あったけど、
その欲で始めても、一番好きだったと思う。
譜面難易度も丁度良かった。


20181116202253e3d.jpeg

アンケートも隙あらば欠かさず書いていたし、
自由記入には真剣に書いたこともあった。
10月のアンケートは少し普段と違う真面目な問答があったから引くくらいビッチリ書いた。


2018111620225591a.jpeg

ここまで書いてフリーズして書き直した事も2度。
今読み返すと良く分からんけど、
こういうのイイんじゃないでしょうか!ってユーザー意見は無茶振りでも有難い声だと思ってる。
黙って帰られるユーザーが一番怖いからね。



この際、アプリのサービス、サーバーの維持は終了しても構わないしオフラインでも嬉しいが、
ときめきアイドルというコンテンツ自体は、
ときドルの楽曲、キャラクターは継続して欲しい。
そう思うばかりです。
例年の復活ブームみたいに、それこそツインビーパラダイスが復活するみたいに、
何処かで声が生き返ることは、可能性が低くても待ちたい、望みたい1人になります。

期間的にマンガとかアニメの寿命みたいだな・・。


201811162035159f9.jpeg

20181116203516c17.jpeg

20181116170628bd1.jpeg

201811161706307a6.jpeg

オフライン移行して終了じゃなくて、またなんかアクション起こしてくれよ!
ホントにありがとうございました!
一生消さないからな!
関連記事
 |  20:59 |  Social Game_カテゴリ外のソーシャル  | CM(0) | Top↑

Post Comment

URL
Comment
Password  Necessary, to edit and delete.
Private  Secret talk.
 
 | BLOGTOP |